Googleガイドライン

【Googleガイドライン】SEO対策はGoogleガイドラインを読めば全て解決する!!

支配人
支配人
今回は、Webサイト作るにおいて1番重要な事だけれど、
意外にも読んでいない人が多い、
Googleのルール(ガイドライン)について、
詳しく解説しようと思います。

ブロガーさんやサイト運営するなら必須事項である
【Googleガイドライン】の規約。

よく耳にするのが、「英語で話しているからわからない」
「見るけど結局どうしたらいいのか理解ができない」

こういう人の為に、
Googleガイドラインを砕いて説明していこうと思います。

Googleガイドライン=ウェブマスター向けガイドライン

支配人
支配人
最初に質問があります!!

Googleガイドラインってそもそもなんでしょうか?

これは何を意味するものでしょうか?
パッと思いつく限りでいいので答えてください。

ジョニーおじさん
ジョニーおじさん
Googleの説明書的なものでしょうか?
ゲームする上での取り扱い説明書的な!?
支配人
支配人
ニュアンス間違ってはいないですね!
簡単に言うと、ブログなどで稼ぐ為には、
どうしてもGoogleさんと仲良くする必要があります。
そこで仲良くしていく為のルールだと思ってください。

コンテンツ(Webサイト)を作る人の為の
攻略本みたいな考え方もできます。
GoogleWebマスター向けガイドライン

Googleの検索ツールの凄さ

Googleの検索エンジンの圧倒的な検索割合

インターネットで検索する際に、
国内だけでも、Googleは75%、
Yahoo!が23%くらいと言われております。

とら君
とら君
Yahoo!はGoogleの検索エンジンを採用している為、
実質、90%以上がGoogleで検索されているとなるね!

※2018年の時点の調べになります。

Googleのルールに従えば、
間違いないということですね!!

支配人
支配人
bingなどの検索エンジンもありますが、
1割弱しかありません

Googleガイドラインを解説する前に、
まず2つの用語を覚えてもいます。

ーーインデックスーー

クローラーと呼ばれる徘徊機能で、
自分のサイトに訪れた後に、
Googleにそのサイトを分析した後(インデックス)登録し、
その結果検索に反映される。
ほとんどの場合、クロールされた後に登録されます!

ーークローラーーー

Google に追加する新しいページや更新された時に、
サイトに訪れて、確認した後、
Googleに知らせる過程の事を言います。
(「Google により、ウェブサイトがクロールされる」というように使います)
これが自分のサイトに訪れると、
インデックスに登録されて、検索表示されるようになります。

これらを理解した上で、
ガイドラインについて理解しましょう!

ガイドライン1:一般的なガイドライン

支配人
支配人
一般的なガイドライン=Webサイトの質を上げる為には?
と解釈してください!

Googleはユーザーを第一に考えるので、
必然的にブログやサイトは質を求められるようになります。

3つの重要点
  1. Googleがページを検出できるよう手助けする
  2. Googleがページを理解できるよう手助けする
  3. 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

これらを理解する事で、必然的に
SEO対策にもなりますので、
十分理解しましょう!

Googleがページを検出できるよう手助けする

支配人
支配人
Googleさんも毎日何千万ものページを徘徊します。
その中で、自分のサイトを探してもらうなんて、
海の中に落とした指輪を探すのと同じくらい大変ですよね?
だから「僕はここにいるよ!」とアピールする事で
気づいてもらうようにすると言う事を意味しています。
手助けその1
  • 全てのページがリンクでアクセスできるようにする。
  • リンクの形式が、<a href=""></a>である必要がある
  • 自分のサイトマップを作る
  • ページ内リンクは張りすぎないようにする事(最大数千個)
とら君
とら君
Googleの記載は分かりにくい為、
僕が分かりやすく解説するね!!
  1. 「ホームボタンの設置」や「戻るボタンの設置」をする事により、迷っても戻れる手段を作ってあげる
  2. リンクに関しては、無料ブログやワードプレス使っているならリンクの形式は気にしなくてもいいです!
  3. MAPはクローラーが徘徊しやすい様に作ります(WordPressならプラグインで自動で作ってくれる)
  4. ページの中に何個もリンクを入れると違反と勘違いされかねないので十分注意が必要!
とら君
とら君
これは個人的な解釈になるけど、
4つの項目を見て2つ気づくことがあるよ!
ジョニー君何か分かるかな?
ジョニーおじさん
ジョニーおじさん
見に来てくれたユーザーが、
目的のページに行きやすい様に
サイトを作る事が大事だという事ですかね?
とら君
とら君
素晴らしい気づきですね!
あと1つはGoogleに分かりやすいサイト作りです!

家で例えると、
気になる家(サイト)を見つけて中を拝見したら、
中身(記事やカテゴリ)がグチャグチャだった場合、
すごくがっかりしますよね?

Googleのクローラーに優先的に徘徊してもらえる方法もあるよ!!
<リンク>

Googleがページを理解できるよう手助けする

支配人
支配人
先ほどは整理整頓と言いましたが、
ここでの説明は、カテゴライズを重視した解説になります。
5つの重要点
  • 情報が豊富かつ、わかりやすいページの作成
  • 検索キーワードと情報の一致
  • タイトルを考える
  • 写真にalt属性をしっかりと付け加える!<img href=”” alt=”写真名”>
  • サイトのカテゴライズ

ここから読み取れる事は、
ユーザーに有益な記事を作る事です。
それ加え、画像などを使いより分かりやすく
理解できるように作りましょうという事です。

支配人
支配人
Twitterでよく見かけるのが.
自分の欲ばかりが出ているサイトです。
はっきり言ってgive精神がないと、
成長は厳しいと思います。

Googleガイドラインに書いてますが、
「ユーザー第一だという事を考えてみてください」

今回はその中でも、
画像について一つアドバイスをさせていただきます。

画像をしっかり作りましょう
とら君
とら君
画像の重要点を僕が説明するね!!
  • 速度を考慮して画像を軽くする
  • レスポンシブ対策をする
  • 画像を使うときは、関連した文章の近くに置く
  • できるだけオリジナルの画像を使う
  • 画像代替テキストを設定する

画像代替テキストを設定していないサイトが多いので設定しましょう

ジョニーおじさん
ジョニーおじさん
中々本格的になってきましたね!
注意点の代替テキストはどのようなものでしょうか?

悪い例(代替テキストがない):<img src=”puppy.jpg” alt=”設定なし” />

最も良い例:<img src=”puppy.jpg” alt=”Dalmatian puppy playing fetch” />

引用:Googleガイドライン

画像代替テキストとは?

画像に名前をつける事で、表示されない場合でも、
文字として表示させる事を言います。

SEOにも関係してくるので、
していない人は設定しましょう!

支配人
支配人
サイトやブログを整理整頓し、
ユーザーに有益な記事を作る。
最後は利用しやすい点についてお話しします。

訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

3つの重要点
  1. 画像はテキスト文をより理解しやすい物にする為に利用する
  2. ページのアクセス速度をあげる
  3. ページの安全を確保する

ジョニー君に1つ質問します。

支配人
支配人
速度が遅いサイトを見ようとしますか?
ジョニーおじさん
ジョニーおじさん
んー・・
戻って他のサイトを見ると思います。
支配人
支配人
サイトの速度が3秒以上かかると、
40%のユーザーが離れていくとも言われています。

引用:速度に関する調査

もう1つ重要な事がサイトの安全性です。
http(暗号化されていない)
https(暗号化されている)

これはサーバーの知識になるので、
別の記事で説明しますが、

SSL化を全てのサイトに勧められています!

支配人
支配人
ユーザーも安全な方が、
いいに決まってますよね(笑)?

画像に関してお話しすると、
先ほど重要性は伝えましたが、
画像も使い方が重要です。

例えば、重要な名前やリンクなど表示するときに、
画像で表示するよりはテキストの方が良いです。

これらを理解することによって、
サイトの作り方は自然とより良いものになるはずですよ!

ジョニーおじさん
ジョニーおじさん
説明ありがとうございます。
ジョニーはいくつか気づきがあったので、
まとめてみました!
  • ギブ精神を忘れずに!
  • Googleさんとは仲良く!
  • 記事の見やすさ
  • サイト全体を分かりやすく
  • サイトの速度は大事
支配人
支配人
なんとなくは理解してくれたようですね!!
記事作成する際は、グーグルガイドラインを意識して
書く事により、
必ず成果は上がります!!

以上最後まで読んでいただきありがとうございました!

偉人の言葉

焦らない。

でも、あきらめない。
ー斎藤茂太の名言ー